包茎の治し方は症状によって異なる

ペニスの包皮が亀頭を覆っている状態のことを「包茎」と言います。
治し方はどのような状態であるのかによって異なります。
病院で手術をしなければならない場合もありますし、自力で治す事が出来る場合もあります。
自分で治す方法としては、マッサージが挙げられます。
マッサージの方法はお風呂に入り、包皮を温めた状態で、両側から包皮を手でつまみ左右に引っ張り、その状態を10秒ほど保ち元に戻すということを数回繰り返すだけです。
痛みを感じない程度の強さで包皮を引っ張るようにしましょう。
慣れてきたら、固定している時間を長くしていきます。
その他にも専用の器具を使用するという方法もあります。
様々な種類があり、通販などで気軽に購入することが出来るというメリットがありますが、正しく使用しなければトラブルの原因になる可能性もあります。
いずれの場合も包茎に悩まされている場合には、まずは専門医に相談をするようにしましょう。
症状によっては手術が適している場合もあります。
包茎手術の費用はクリニックによって異なりますし、医師によって考え方に違いがある場合もありますので、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けるようにすると良いでしょう。

包茎の治し方を知っておこう

包茎という言葉を聞いただけで嫌悪感を持ってしまう人も多いですよね。
自分が包茎であることをまわりの人に知られることは恥ずかしく、絶対に知られたくないと思う人がほとんどです。
包茎をそのままにしておけばやはりにおいはひどくなります。
皮とペニスの間に汚れがたまりやすいので臭くなってしまいます。
特に夏場の汗をかく時期は想像しただけでいやになってしまいますよね。
そのほかにも白いぶつぶつができてしまうと、性病みたいに見えて気持ち悪くなってしまいます。
包茎を防ぐためにはとにかく皮をむくことが重要です。
皮をむき続けることで癖をつけるしかありません。
しかし皮が伸び過ぎている場合には癖自体がつかないかもしれません。
治し方としてやはり確実に治すには手術が一番確実でしょう。
しかし皮をかぶっている状態がそれほどひどくないのであれば、自分で治すことも不可能ではありません。
真性包茎や痛くて剥けないような重度の場合には自分で治すのは不可能なので、手術で切ってもらうしかないでしょう。
つまり余っている皮を切り取ってしまうというわけです。
これで確実に治るでしょう。
この場合保険が利くので、一度カウンセリングなどを受けてみることをお勧めします。

おススメホームページ
真性包茎だと思ったらまずは専門クリニックに相談を
「メンズサポートクリニック」
TEL:0120-76-6800
HP:https://mens-spclinic.jp/

手術をしない包茎の治し方

包茎の治し方ってご存知ですか?
手術が必要と思っている人が多いですが、実は手術しないでも治せる方法もあるのです。
もちろん、真性包茎などは手術が最も早い治し方ですが、包茎で悩んでいる人の90パーセント以上は包皮を手で剥いて亀頭を出すことはできるけど、また皮が被ってしまう「仮性包茎」なのです。
この場合は「剥きクセ」をつけることで治すことができるので、トイレに行くたびにペニスの皮を剥いて、なるべくその状態を維持するように気を付けます。
いつも皮を被っている亀頭が剥きだしになるので、下着にこすれて痛くなることもありますが、そこは治すためと考えて我慢しましょう。
多くの場合はこれで改善されますが、どうしても皮が戻ってしまう場合には、矯正リングを使用してみるのもひとつです。
矯正リングは太めの輪ゴムみたいな感じで、伸縮性がバツグンなので装着しやすく外れにくいという特徴があります。
これをローションを付けた亀頭の下に固定してから亀頭の下をピッチリと包むように広げて使用します。
通気性にも優れているのでムレることもありません。
矯正リングは大手通販サイトで扱っており、値段も千円ちょっと程度なので、包茎で悩んでいるなら一度試してみてはいかがでしょうか。

包茎の治し方ってどうするの?

確実に包茎を治すのなら、やっぱり病院へ行くのが確実ですよね。ただどんな治し方をするのかあまり知らないものですし、場所が場所なだけに不安を感じるのも無理もないでしょう。
スタンダードなのはメスによって支障となる部分を切ってしまう方法。特にがっちりと癒着している真性包茎の場合だと、どうにもこうにも剥くことができないため、外科的手術で改善する必要があります。大事なところにメスを入れるのは考えただけで辛く、手術後はある程度の痛みもあって生活の支障になりかねないです。ただそれは嬉しい痛みでもありますし、薬によってある程度は痛さを抑えることができますよ。
包茎の中でも軽度に分類される仮性包茎なら、切らずに済ませることも可能。医療用の糸で数か所留めるというもので、それによってクセを付けることができます。切る場合と比べると圧倒的にダメージは少なく、この治療を選んでみるのも良いかもしれないね。
ただ、仮性の自分で治せることもあります。手で剥くことができる状態なので、普段から剥くクセを付けることで次第にスムーズに剥けるようになったりも。ちなみにカントン包茎と誤って剥いてしまうと、下手をすれば包皮が戻らなくなってしまうことがあるから注意しましょうね。

包茎のいろんな治し方を知る

包茎が原因で臭いなどが出てしまっていたので、以前からとても気になってはいました。
臭いがあるという事は自分でも深いですし、なんだか清潔感がないような感じもしていたので、直したいという思いがあったのです。
包茎が治れば、臭いの発生を抑えることが出来るので、衛生的になり気にならなくなると思いました。
包茎の治し方でいいのは包茎専門の治療をしているクリニックに行く事だと思います。
そういったクリニックであれば、手術数も多いので、医師も経験が豊富です。
たくさんの人を治療してきたからこそ、その人に合わせた治療も出来るだろうと考えたからです。
専門のクリニックの医師に相談をしてみると、色々な方法がありその中からおすすめの方法を聞き、納得が出来る方法を選べたと思います。
どんな方法があるのかわからないまま言われるままに治療をした後に、他の方法があった事を知ったら後悔をしていたかもしれません。
自分で選択が出来るように色々教えてもらえた方が絶対にいいですので、専門のクリニックに行って話を聞いてみたほうがいいのは間違いありません。
悩んでいるままにしているよりも、早く悩みを解決できたので、すっきりした方が気持ちも楽になりました。